英語の現状

英語を勉強する多くの人が、英語の事実をほとんど知りません。それは、多くの日本人が知っている事実よりも、さらに強大です。 ここに、英語をより興味深く、おもしろく勉強するいくつかの事実があります。

英語は、西ゲルマンの言語から発しましたが、フランス、ラテン語、スカンジナビア、そして、他の言語からの多くの影響で、ドイツ語と異なった言語に発展します。 大英帝国のパワーのおかげで、合衆国、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、およびカナダの大部分の第一の言語になるように、世界を渡り、広まりました。 これらと、合衆国の経済、そして、政治上のパワーにより、科学、航空、コンピューティング、外交、および観光の第一の言語となりました。

現在、英語はおよそ4億人のネイティブスピーカーがいます。世界の最も広い範囲で話されている文語の1つです。 その上、10億以上は外国語として、ある程度英語を話すことができます。 英語より多くの、中国語(そして、スペイン語)のネイティブスピーカーがいますが、伝達の手段、そして世界語として、英語がより多く使用されています。45の国が英語を共同公用語に使い、そして、英語は他国でも広く話されています。

 

その他の英語の実状:

英語の現状世界の2,700以上の言語で、英語は、間違いなくボキャブラリーが最も豊かです。 オックスフォード英語大辞典は約50万の言葉がありますが、まだ多くの専門用語、そして、科学用語はまだ記載されていません。

世界の4分の3の、メール、テレックス、およびケーブルが英語を使用しています。

世界の専門用語、そして、科学的な季刊雑誌の半分以上が英語です。

さらに、言語が多くの商業上、そして、科学上の分野にあって、また、それは、世界教会協議会によって使用されるキリスト教の世界的な言語です。

世界一大きい5つの(CBS、NBC、ABC、BBC、およびCBC)放送会社が、世界中に英語で、何百万人もの人々に放送しています。

 

英語の力

英語の強い経済力は、英語を母国語として話す人の数にに比例します。母国語として英語を話す人は、世界の人口の10%未満ですが、彼らには、世界の30%以上の経済力があります。また、インターネットの情報の最大80%が英語です。

英語は少なくとも75の国の公用語、または、特別な地位を持っています。 英語は、とても多くの分野と職業に必要であり、世界中の多くの国が学校で英語を学ぶことが必修となっています。

英語が上手な人は、英語を教える仕事を、世界のどこでも見つけることもできます。

英語は有利な点がたくさんあります。したがって、英語が近い将来も、優位な言語のままでしょう。英語を勉強する人にとって、今後も役立つことを保証できます。
大阪の英会話学校

Welcome to my website!

アメリカの大学を卒業し日本で英語を教えています。経験豊富な講師とリラックスできるレッスンを!
低価格でどのようなレベルの方にも対応させていただきます。

Back to Top