外国語を学習する利点の科学的根拠

人々が英語や他の言語を学ぼうとするとき、主な理由は通常仕事の為、旅行、人々との会話などでしょう。しかしながら、最近人々が意識をしていない利点が科学的に証明されました。

自分自身に挑戦する
人々は何かに挑戦する事、目の前にあるものを成し遂げる事を楽しもうとします。他の言語を学習する事も大きなチャレンジです。チャレンジする事は人生において何か難しい事に面したときの自分自身の自身の形成にもなります。

記憶力を高める
言語を学習する事は記憶力、特に短い期間での記憶力を高める事に役立ちます。短い期間での記憶力は長い期間脳で何かを考えているときの情報を留める手助けもしてくれます。

覚えておかなければいけないことは、脳は筋肉のようなものだと言う事です。たくさん使えばよりよく機能します。第二言語を学習す事は脳へのすばらしいトレーニングであり記憶力を上達させます。

新たな心理的道筋
言語を学習する事は、挑戦を認識する、趣旨を折衝する、難しい言語システムで伝達するなど大きな心理的柔軟性にも役立ちます。
心理的にも新たな道筋を構築する事になりますし、脳にも新たな考え方ができます。これはより良い抽象的な考え方の経験、理解力を高め、より良い問題解決ができるようになるなど様々な利点があります。また、技術の保持、能力を高めてくれる事となります。

言い換えれば、あなたをより賢明にさせることができるのです。事実、二ヶ国語以上の言語を習得している学生たちはテストにおいて、特に数学、読書、ボキャブラリーなどでよい成績をのこしております。

外国語を学習する利点の科学的根拠痴呆のリスクを減らす
2ヶ国語以上を習得した人々は痴呆の発症を遅らせる事ができます。その他の記憶障害についても通常より2-4年ほど遅らせる事ができるそうです。

より良い社会的経験
言語の習得は言葉を使って理解力を構築するという利点があります。二カ国以上を習得した人たちは社会的立場を見比べる事ができ、よりよい実績を残す事ができます。

母国語の上達
外国語の学習は、文法、連結、文章の構築などの言語の技法に焦点をあてる事になります。これは言語を構成、操作方法を知ることとなります。これらの経験は伝達するとき、文章を書くときに効果的に役立ちます。リスニングのスキルも多言語を学習する事で音を聞き分けて意味を識別する事などにより向上します。

ジェフリーウィリアムスはこう言っています。
「あなたは少なくとも2カ国を学習しなければ1つの言語も理解する事はできない」

より国際的な考え方
シカゴ大学の研究によるとバイリンガルの人々はより国際的な判断をしがちだそうです。
どの言語でも言葉にはニュアンス、微妙な裏の意味が含まれており潜在的な御自身の判断に基づかれております。バイリンガルの方は第二言語からも選択することで最初の判断が正しい判断なのかを熟考することができます。

より良いマルチタスクの技能
他の言語を学習する事は話す、書く、構成などの2つ言語システムを切り替えるスキルも向上させます。ペンシルベニア大学の研究ではこの2つの構成をいかに切り替えるかという技能はマルチリンガルの人々が運転中にいかにミスを少なく任務を遂行できるかという事でも表されています。

体験レッスンのお申込み

 

 

 

 

 

知覚の向上
ポンペウ・ファブラ大学の研究によるとマルチリンガルの人々は取り巻く環境を観察する能力に優れているそうです。彼らは関連性のある情報に焦点をあてる事、無関係のものを編集する事熟達しています。

世界を見る新しい方法
どの言語も単語、表現方法など他では見られない新しい世界を見る方法があります。
新たな言語を学ぶ事はあなたの人生において新しい世界を見せてくれるでしょう。

Welcome to my website!

アメリカの大学を卒業し日本で英語を教えています。経験豊富な講師とリラックスできるレッスンを!
低価格でどのようなレベルの方にも対応させていただきます。

Back to Top